ヨッシーの愛車&中古車探し日記

メニュー

古かったり、状態の悪い車の場合

古かったり、状態の悪い車の場合は、お金にならないこともあります。
希少価値や需要が少なく、さらに10年以上経っているものや10万キロ以上走っているもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段をつけて貰えないことが多いようです。
買取業者によってはこうした車を専門に取り扱ってくれる業者があります。あまり状態が良くない車を手放す方は専門業者に中古車を申し込んでみるのが良いですね。


車の中古車額はお天気により変わります。よく晴れた日、丁寧に洗車した車を持っていくと見た感じも綺麗に見えて、車を大事に扱っていることもわかりますので、高値がつくでしょう。
逆に、雨の日は、細かい傷のチェックが難しいため、査定を行なう店員も慎重になり、最も低い価格を提示されることがあります。

以上から、車を査定してもらうなら晴れた日に行なう方がいいかも知れません。



前から考えていたのですが、子供が生まれたので思い切ってミニバンにしようと決断しました。そこで購入費用の足しにしようと、ムーブ(妻のものです)を査定の方法してもらおうと計画していたものの、その車が10年以上も前に買ったものでしたから、実際値段がつくのかどうか気がかりでした。ところが、ネットの一括査定ホームページでいくつかの業者に見積もりをお願いした上で、出張中古車で現物を見てもらったところ、約20万円の中古車額で売ることが出来ました。車の買いとりを申し込む場合、多く利用されるのがWEB中古車です。
家から出たくない人でも、一括中古車を利用すれば複数の業者の買いとり額を元に検討することができます。ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、実際の査定の方法において当然WEB中古車よりも額が下がることも考えられます。

また、中には事前にWEB中古車で高額を提示しておきながら、出張査定の方法に来た時点で非常に安い額を持ち出して、その額で売るまで帰らないという悪徳業者があるので注意が必要です。「走行距離がだいぶ伸びてきた」とか「家族構成が変わった」など、車の買い替え時を迎えた時、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買いとり業者を利用した方が、すごくお得だということが、よく知られるようになってきたようで、最近中古車の買取市場は活況です。直接おみせに足を運ばなくても、自宅でもどこでも、パソコンやスマホで査定額が大体どれ位になるのかがわかります。
そのための専用ホームページが車査定ホームページというものです。誰でも簡単に利用できるようになっていて、メーカーや車種、年式、事故歴などを書き込むだけで、数十秒から数分後には相場に合った適正な回答があります。トラックで人気な色といえば、昔からホワイトが不動の一番人気です。

ところが、それ以外の車種の場合、中古車で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。

良く買われている色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が車新車においても中古車額に有利にはたらくという事ですね。パール系やメタリック系の色になりますと、他のソリッド系よりも中古車額が高くなる傾向にあるようです。

メーカー純正の限定色などは、プレミアとして中古車額が上がることもあります。車買取業者では名義変更などの手順を代行している業者がだいだいです。
自ら名義変更の手続きを行おうとすると平日に運輸支局まで出むかなければいけません。


シゴトであわただしいとどうしても難しいものがあるかとは思うのですが、買取業者に売却する場合には、自分は何もしなくていいので、OKです。
自賠責保険をやめると残った契約期間によって返金されるのですが、中古車を売却する時は買いとりの会社が名義を書き換えることで対応するので、返戻金は受け取ることができません。しかし、その分を買取額に足して貰えることが度々あります。
また、自動車任意保険の際は、保険会社に連絡を取り、返戻金をもらうようにして頂戴。自動車を取引する場合、さまざまな出費がついてくることに気を付けなければいけません。

車を業者に売る時にも、手数料支払いの義務があります。


業者と取引するときは、車自体の買いとり価格だけでなく、手数料がいくらになるのかも予め確認しておきましょう。車を出来るだけ高く売りたいと考えた時は複数の業者からの同時査定の方法をお奨めします。ネットを使って、一括中古車ホームページから複数の業者に出張中古車を申込み、同時に現物査定の方法してもらって、互いに整備額を競ってもらうというものです。オークションのようにする事で、もっと高い買取価格も夢ではありません。
当然ですが、必要な重要書類をあらかじめ揃えておき、すぐに売ってしまえるように準備することも必要です。

関連記事